スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

ビーグレンは3ヶ月でシミやニキビ跡が消えた口コミ多数!

ビーグレンの口コミを見ていくと、3か月くらいで効果を実感する人が多いんですが、1ヶ月くらいから効果を確認する人が出てきます。

ニキビやシミの状態によっては、1週間で効果が出ることだってあるし、他の化粧品では治らなかった肌トラブルが改善し始めたという人もたくさんいますよ。



■1ヶ月・1週間という口コミも!

ニキビ跡やシミが1ヶ月で薄くなってきた!という声もたくさんあります。ただその反面、使い続けても効果がないという口コミがあるのも事実です。

肌質によって効果がどのくらい現れるか?はかなり個人差があるものの、ただ、効果がないと言っている人の中には、結果が出るまでの判断が早い人や、効果が期待したほど現れてないという意味で「効果がない」と言っている人も多いんです。



頑固なニキビ跡やシミの場合、通常は半年以上の時間をかけて治すのが一般的です。ビーグレンでは浸透力のおかげで治るまでの期間を短縮できるものの、1週間やそこらで治せるわけがありません。

それに、対策を始めたばかりのころは、肌に美容効果がそれほどたまっていないので、治り始めるまでにはどうしても時間がかかるものなんです。



使い続けていくうちに、美容成分の美容効果がどんどん蓄積されていって、シミやニキビ跡が治るスピードがうんと速くなっていきます。

それまでは辛抱強く使い続けたほうが良いです。ビーグレンならば少なくとも3か月以内には変化が現れることが多いので、それまでは丁寧にケアを続けたほうが良いですよ。



ちなみに、ビーグレンではニキビ跡の赤みの関してはかなりの即効性があります。肌の中にできてしまった赤みだってどんどん小さくしてくれるんです。

抗炎症作用のあるビタミンCを肌の奥まで届けることができ、赤みを包み込むようにアプローチしてくれるので、早い人だと1週間くらいで赤みが目立たなくなっているんです。




■ビーグレン使用時の注意点

ビーグレンはニキビやシミ、しわやたるみなどあらゆる肌の悩みにこたえることができるですが、一つ注意してほしい点があります。

ビタミンCが高濃度で含まれている美容液のCセラムを使った場合、肌が乾燥して肌荒れする可能性がある点です。ビタミンCには様々な美容効果があるんですが、そのうちの一つに、皮脂分泌を抑える効果もあるんです。



ニキビができやすい脂性肌の場合にはうれしい効果ですが、しわができやすい乾燥肌の場合には、ちょっと悩ましい性質なんですよね。

ただ、ビタミンCにはコラーゲンの生成を促す作用もあるので、乾燥がひどく悪化する危険はないものの、Cセラムを使うと肌がつっぱる感じがある場合、保湿対策も追加するようにしてください。



ビーグレンにはちなみに、保湿化粧水10-YBローションがあるので、肌の乾燥対策も同時にすることができますよ。

3か月もあればたいていの肌トラブルを改善してくれるビーグレンの効果をトライアルセットで確かめてみるにはこちら
↓↓↓






JUGEMテーマ:スキンケア





ビーグレンに限らずハイドロキノンも副作用に注意

ビーグレンでシミ消しをする場合、使うタイミングには気を付けるようにしてください。ハイドロキノン配合のQuSomeホワイトクリーム1.9を使って良いのは夜間のみです。
ハイドロキノンはシミの原因、メラニン色素にはたらきかけて色を奪う性質があるほか、メラニン色素の生成を抑える効果もあります。

シミが濃くなったり広がってしまうのを防いでくれるものの、紫外線から肌を守ってくれるものがなくなってしまいます。
紫外線を直接浴びてしまうと、肌の中のコラーゲンがどんどん破壊されたり、肌の老化を進める活性酸素をどんどん増やしてしまいます。

余計な肌トラブルに悩まされることになるため、QuSomeホワイトクリーム1.9を日中に使うのは避けるようにしましょう。



1